宅建士の勉強方法~独学者の98%が失敗する理由

MENU

宅建士の勉強方法~独学が絶対損する理由

 

「宅建士試験は独学でも合格可能ですか?」と質問をされれば私はこう答えます。

 

「可能です。でも、独学だと損しますよ。

 

このページでは宅建士試験対策の一番正しい勉強方法、独学を選択すると損する理由を解説していきます。

 

独学が損する理由一覧

 

時間的な損失

 

宅建士試験に合格するために必要な勉強時間は約300時間と言われています。

 

個人差によって異なりますが、過去の合格者データを見ると概ね合ってる数値と考えます。

 

どんな勉強法でも300時間勉強すれば合格できる訳ではありません。間違ったやり方をすれば3倍の900時間以上学習に費やしても不合格になるでしょう。300時間程度で合格された方は例外なく”正しい勉強方法”された方々です。

 

このような説明では「正しい勉強方法って何?」とツッコまれそうなので答えます。

 

合格実績豊富な予備校で勉強することです。指導力抜群の一流講師の講義で学習するのが現代の資格試験においては1番効率的と言えます。

 

特に宅建士試験のような会計系資格ほど予備校利用者と独学者の差はハッキリと違いが出ます。

 

全く同じ頭脳の場合でも予備校なら300時間、独学だと600時間勉強が必要になるケースは珍しくありません。

 

300時間多く勉強する必要があるのは時間的な損失になりますし、ストレスも多くなるはずです。

 

時給1,000円の方が300時間働ければ30万円稼げますので、独学で節約した気分になっている受験生でも実は金銭的に損する可能性は大なのです。

 

情報の損失

 

宅建士は出題範囲が広いのが特徴的な試験です。毎年、出題傾向が若干変わってきますし、法改正も実施されます。

 

最新のトレンドを掴むことが短期間で合格する上で重要になります。独学者の場合は最新情報を常に手に入れるのは難しいのが現状です。

 

「コレ知ってたら合格できたのに・・・」と後悔したくない方は独学は避けるべきです。

 

永遠に不合格になるリスク

 

「努力は必ず報われる」

 

そう信じている方は結構多いはずです。確かに努力家の方は成功する確率は高いです。

 

但し、それは正しい努力をした結果報われることを覚えておいてください。

 

間違った努力をしていては一向に目的は達成できません。宅建士試験でも何年も粘り強く受験して結局合格できなかった人は大勢います。中には1,000時間以上費やしても不合格になる方もいるのです。

 

独学で合格された方はいずれも”正しい勉強法”をした結果です。1人で学習する場合、間違ったやり方をしていても誰も教えてくれません。よほど自分の勉強法に自信が無い限り、独学は避けるのが無難です。

 

まずは資料請求又は無料講義を視聴して独学との違いを体験しましょう

 

1位:フォーサイト

 

全国平均の4.54倍の合格率

 


※全額返金保証制度を受けるには規定を満たす必要があります。詳しい内容は公式サイトで確認してください。

 

総合分析データ

 

 

※合格実績・合格率が不明の場合は一律「3評価」にしています。

 

特長・魅力

 

  1. 脅威的な合格率の高さ
  2. ※全額返金保証制度あり
  3. 見やすいフルカラーテキスト
  4. ハイビジョン講義

 

※全額返金保証制度を受けるには規定を満たす必要があります。詳しい内容は公式サイトで確認してください。

 

主なコース種類

 

  • 基礎+過去問講座
  • 基礎+過去問+直前対策講座

 

料金相場

 

約5万円~6万円
※初学者向けコースの一般価格の相場を掲載しています。最新価格及びキャンペーン割引情報は公式サイトで確認してください。

 

評判・口コミ

 

 

フォーサイトを選んだ理由は、インターネット検索でどの講座が良いか調べたときに合格率がとても高いことを知り選びました。
直前期の合格必勝編は、本試験までの心構えや過ごし方がわかりやすく書いてありましたので、参考にしました。


 

 

テキストがカラフルで色分けされていて、重要なところがコンパクトにまとめられており、意外とイラストが入っているなどいい意味で遊び心が入っていました。また、窪田先生のコラムがリラックスできました。


 

 

何社か資料請求をしました。
フォーサイトはテキストがフルカラーで見やすかったのとDVDを見たときにこれなら自分でも頑張っていけるのではないかと思い、フォーサイトに決めました。


 

公式サイト

 

セット購入割引でお得に

 

お得な公式サイトはこちら

 

 

2位:クレアール

 

 

総合分析データ

 

 

※合格実績・合格率が不明の場合は一律「3評価」にしています。

 

特長・魅力

 

  1. 宅建士業界のカリスマ講師
  2. 非常識合格法
  3. ※合格お祝い金制度
  4. 1.0倍、1.25倍、1.5倍、1.75倍、2.0倍で講義時間を大幅短縮

※合格お祝い金制度を受けるには規定を満たす必要があります。詳しい内容は公式サイトで確認してください。

 

主なコース種類

 

  • 完全合格パーフェクトコース
  • 完全合格パーフェクトセーフティコース
  • 完全合格サクセスコース
  • 上級パーフェクトコース
  • 直前パック

 

料金相場

 

約6万~7万円
※初学者向けコースの一般価格の相場を掲載しています。最新価格及びキャンペーン割引情報は公式サイトで確認してください。

 

公式サイト

 

資料請求でパンフレット・最新情報をGET

 

約30秒で入力完了

お得な公式サイトはこちら

 

3位:アガルートアカデミー

 

今だけ、お得なキャンペーン情報

お得な公式サイトはこちら

 

4位:スタディング

 

2万円(税別)以下の格安コース

 

総合分析データ

 

 

※合格実績・合格率が不明の場合は一律「3評価」にしています。

 

特長・魅力

 

  1. 圧倒的なコストパフォーマンス
  2. スマホでスキマ時間に勉強しやすい
  3. 学習ツールが豊富
  4. ※合格お祝い金制度→Amazonギフト券3,000円分

 

※合格お祝い金制度を受けるには規定を満たす必要があります。詳しい内容は公式サイトで確認してください。

 

主なコース種類

 

宅建士合格コース

 

料金相場

 

約2万円
※初学者向けコースの一般価格の相場を掲載しています。最新価格及びキャンペーン割引情報は公式サイトで確認してください。

 

評判・口コミ

 

 

市販のテキストを読むよりも動画を見ている方が授業を受けている感じがしてとてもわかりやすく楽しかったです。両手がふさがるような家事をしている時でも動画なら見たり聞いたりすることができたので空き時間をとても有効に使いました。


 

 

私は、不動産業以外で会社員をしているため、どうしてもまとまった学習時間が取れないこともあったが、休憩中や出張での移動中など、スマートフォンという気軽なツールで基本講座(動画講座)を繰り返し見る事ができる環境は非常に理解に繋がり良かった。


 

 

インターネット講座だからこそ実現できる価格に惹かれました。でも決して他の資格スクールに負けているとは思いません。


 

公式サイト

 

無料講座・短期合格セミナー視聴可能

 

スタディング公式サイトはこちら

 

 

このページの関連キーワード

 

宅建業法/法令上の制限/税・その他/民法/法改正/大学生/大卒/入門書/本/テキスト/教材/過去問/参考書/問題集/教科書/基本書/書籍/本/裏ワザ/勉強方法/学習スケージュール/直前対策/短期集中/説明会/無料セミナー/個別相談会/予備校/通信講座/対策講座/専門学校/スクール/通学教室/塾/通信教育/単科講座/模試/模擬試験/音声/ダウンロード/web動画講義/dvd/オンライン講座/インターネット講座/アプリ/iPhone/android/一問一答/演習講座/不合格/いつから/価格/値段/金額/いくら/お金/授業料/安い/格安/激安/低料金/費用/学費/授業料/人気/ランキング/おすすめ/口コミ/評判/評価/比較/最初/何から/基礎/短答式試験/論文式試験/択一式試験/記述式試験/多肢選択式/ダブルスクール/社会人/働きながら/仕事しながら/スキマ時間/通勤中/電車

宅建士の勉強方法~独学者の98%が失敗する理由関連ページ

宅建士、予備校いつから?最初何から勉強始めるべき?