司法書士予備校比較【通学・通信】

MENU

司法書士予備校比較!通学・通信講座ランキング【最新版】

全国16社の司法書士予備校を比較している国内最大級のサイトです。最新版の司法書士通学講座・通信教育のランキングも速報で発表しているので注目してください!

 

おすすめ司法書士予備校・専門学校・塾の試験対策講座に厳選紹介しているので、評判・口コミ評価に優れている資格の学校ばかりです。

スクール選び人気ページ一覧

*おすすめランキングは2018年最新版
司法書士通信教育ランキング【最新版】
通信講座で司法書士試験の予備校を考えている方は必見です。WEB動画・音声DL【ダウンロード】・DVD教材やサポート体制・合格実績、さらには費用・学費の比較など徹底的に分析してランキングを作成しました。
都道府県別の司法書士通学講座検索
通学で学校を探してる方向けのコンテンツです。全国の都道府県から通学で勉強できる司法書士講座・スクールを検索することができます。

独学VS予備校【専門学校】!どっちがお得か徹底比較!

 

オリジナルの独学勉強方法で合格を狙うか?それとも司法書士の学校を利用するか?どっちを選択すればいいのか迷っている方は多いはずです。

 

そこで今回は試験対策の学習スタイルとして独学と予備校を比較してみました。【1~5段階で評価】

 

対策タイプ 独学 予備校・塾

費用・料金の目安

1万円~5万円

20万円~70万円

学習効率

情報収集力

学習の柔軟性

教材・商材レベル

モチベーション・継続力

おすすめランク

 

なぜ独学では合格は難しい?徹底解説

 

試験対策に掛かる費用・学費(値段・価格)を除けば基本的に司法書士専門学校や予備校を利用するのがおすすめです。他の資格対策と比較すると独学と予備校で掛かる学費に差が出てしまうのが、デメリットになりますが、その文学習効率アップや試験の情報収集力に魅力があります。学費・費用を比較した時に差があるように、学習効率についても独学と予備校では相当違いが出てきます。誰でも合格できるような優しい試験とは違い司法書士試験は国内でも指折りの超難関国家資格です。そのため合格までの勉強期間も早くて1年、通常だと2~4年くらい掛かります。独学で短期合格するのはなかなか難しいのが現状です。ゆっくりマイペースに合格を目指すなら独学、短期でサクサク合格を目指したいのであれば予備校がおすすめです。当サイトは評判・口コミ評価に優れた人気司法書士学校に厳選しているの良かったら「おすすめランキング」情報等の参考にお選びください。

 

 

通学VS通信教育!メリット・デメリットを比べてみた

 

「試験対策は予備校で決まり!」と言ったところで、次なる選択肢があります。それが通学講座と通信教育です。

 

比較表を作成しましたので、自分に合ったタイプを選んで対策してください。

 

学習スタイル 通学講座 通信教育

費用対効果

社会人・大学生向け

浪人生・フリーター向け

効率性

学習の柔軟性

サポート・フォロー体制

情報提供

主な学習法

生講義が多い

WEB動画が多い

おすすめランク

 

総合分析・検証
働きながら対策する社会人のサラリーマン・OLなら自宅で効率的に勉強することができる司法書士通信講座がおすすめです。社会人でも働きながら勉強できるように夜間講座や土日祝日開講など配慮している司法書士予備校・専門学校もありますが、現在の仕事内容によって異なりますが、正直言って継続して通学するのは難しいのです。ただ、時間の余っている浪人生やフリーター【アルバイト】・ニートなら通学を視野に入れた司法書士学校選びをおすすめします。1日の時間を確保できる受験生でも通信教育はメリットがありますが、法律の知識ゼロの初心者ならはじめは優秀な講師の授業・講義で知識を深めるのがおすすめです。司法書士予備校の料金や費用を比較してみましょう。
どっちを選べばいいのか?分からない方はまずはどんな学校があるのか知るところから始めましょう!